1つのフレーズからいくつもの応用表現を学ぶ、Speaking 道場!!

1つのフレーズからいくつもの応用表現を学ぶ、スピーキング道場!!

脳への定着率を上げると科学的に証明されている記憶術を利用した英会話教材!
英語表現を使うシチュエーションをイメージし疑似体験しながら、英語フレーズを学びます。

スピーキング道場の特徴

1:楽しいストーリーで学ぶ 日常英会話フレーズ

教材は物語になっています。あなたはその物語の主人公。
様々なシチュエーションで「こんな時英語でどういうの?」の問いに答えを考えます。

英語を流暢に話せるようになるには、いくつものフレーズや単語を覚えなければなりません。
繰り返し勉強する方法は誰もが実践している方法ですが、なかなか記憶に定着しないのではないでしょうか?

 

記憶に残りやすい 勉強法

私達は、受動的に人から聞いたり読んだりしたことはすぐ忘れてしまうのに、実際に経験したことはいつまでも覚えていたりします。
このように実際に経験した記憶のことをエピソード記憶と言います。

スピーキング道場では、英語フレーズを使う状況を耳から聴き、具体的にイメージすることで、まるで実際に体験しているような疑似体験状態を作ります。これは、その情報、つまりそのフレーズを忘れにくくする効果があります。

さらに人は何かを思い出そうとする時、何らかの手がかりを使って思い出そうとします。
情報を取り出しやすくするためには、その情報を覚える時に手がかりを関連付けておくことが、のちに重要となります。

自分が必要だと思った情報を瞬間に引き出せるようになるまでの訓練中は、これらの手がかりが非常に役立ちます。
フレーズを覚える時の疑似体験状態、脳に浮かんだイメージ、感情は、手がかりとなり、時間が経過した後でも思い出しやすくする効果があります。

スピーキング道場〜ホームステイシリーズ〜は、オーストラリアからの留学生、ニックをホストファミリーとして迎えます。
教材ではホストとして遭遇するであろうシチュエーションから英語表現をピックアップしています。
それらの基本おもてなしフレーズを柔道や空手などの「型」として習得します。

覚えた基本の型を使い、別のシチュエーションでも行き届いたおもてなしができるよう特訓していきます。

 

2:使える応用力を習得する

覚える基本フレーズは、おもてなしだけでなく、日常でも使える表現ばかりです。
基本フレーズ(型)を基にした応用問題を練習することで、1つのフレーズを別のシチュエーションでも使えるよう、テスト方式で習得します。

 

覚え方にも科学的に正しい方法があります。

ただ闇雲に暗記しようとするより、テストを繰り返したほうが効率よく覚えられるということが科学的にわかっています。
これはテストの答えを導き出す過程が、脳の神経回路に働きかけるためです。答えまでの道が太くなるようなイメージです。これを繰り返すと記憶がより強く定着し、思い出しやすくなるのです。

スピーキング道場では、応用パターンをテスト方式で繰り返すことで、必要な時に瞬時に思い出せる応用力を習得します。

 

3:会話の上達には欠かせない、音読練習エクササイズ

スピーキング道場には音読をするエクササイズがあります。

インプットしたことをアウトプットしていかなければ実用的な能力となりません。英会話の学習で最も大切なことは、どんどんアウトプットすること。つまり話す練習をすることです。音読は、第二言語習得に効果的なアウトプット方であることが明らかにされています。

実際に外国人に英語を話すだけでなく、自分で音読をするだけでも、学んだことを脳へ定着させ、さらに発音とリスニングの上達に効果的です。

 

4:たっぷりのレッスン内容!たくさん聴いて、たくさん話せる!

1レッスンは3つのパートで構成されています。

  1. イメージトレーニング
  2. ポイント説明
  3. エクササイズ

各レッスン約4分x40レッスン収録
10レッスンごとにそれまでに学習したフレーズのまとめテスト

総合計約2時間40分のオーディオ教材です。

 

5:PDFテキスト

フレーズや練習問題を上手く聞き取れず、文字で確認したい場合は、テキストをPDFで用意しております。

スピーキング道場はオーディオ教材ですので、テキストを見る回数は最小限にしましょう。

 

約2時間40分、あなたは英語を聴きまくり、しゃべりまくる!!

ストーリーは、あなたがオーストラリアから来ニックを空港へ迎えに行くところから始まります。
最高のおもてなしができるよう、がんばってください!